biertan
ビエルタン
8月 11, 2019
ブコヴィナ地方の壁画のある修道院について
8月 11, 2019

アタキ

ataki

アタキはドニエストル川の南西岸に位置する人口8,400人ほどの小さな町だ。15世紀にこの「アタキ」という名前が初めて文書で使われた。アタキは、1890年代までユダヤ人ばかりが住む貧乏な町であった。飢餓で苦しむ人がいる一方、お金があったユダヤ人は、1900年にアメリカへ移住した。そのころ、ユダヤ人救済委員会は町の貧しい109の家族を支援したが、貧しい家族はそれよりも遥かに多かった。

 

現在、多くの観光客がアタキにあるユダヤ人の墓を見学するために訪れる。墓は19世紀のころから使われ、3,500もの墓石がある。墓はホロコーストの記念碑だと言われている。

 

アタキの旧シナゴーグの建物は現在は使われていない。20世紀のころに建立され、1945~1990年の間、一時的に文化宮殿として利用されていた。