シビウ
8月 5, 2019
ウクライナについて
8月 11, 2019

ウクライナの文化と習慣はキリスト教に影響された。ウクライナ国民のほとんどはキリスト教の信者で、宗教的な祭日などを一生懸命に守っている。ウクライナは宗教以外に隣国からも影響を受け、これらの特徴は美術や建築、音楽などに反映されている。

 

首都であるキエフはウクライナ最大の都市で一番人気のある観光地だ。キエフには文化的な建築物が多い。旧ソ連邦時代を経ても残る11世紀に建立された古い教会などだ。

 

チェルノフツィはプルト川に位置し、ブコヴィナ地方の北にある。この都市は西ウクライナの中で文化的にもっとも重要な都市だ。チェルノフツィのオススメの見どころは「ブコヴィナ・ダルマチア府主教の邸宅」だ。この建築物はチェコの建築家であるヨセフ・フラヴカによって1864~1882年の間に建てられ、2011年にユネスコ世界遺産に登録された。

 

ホトィン要塞は、チェルノフツィ地方のドニストロ川の右岸にある。この要塞はカームヤネツィ・ポジーリシクィイ要塞の近くに位置している。ホトィン要塞は1325年に建て始められた。その後、1380年代と1460年代に補強された。2000年にウクライナ国立建築保護区に加えられ、2007年には「ウクライナ七不思議の一つ」という名が付けられた。現在、ホトィン要塞はウクライナの重要な観光地となっている。

 

ウクライナの観光業界は、19世紀の頃から発展している。ウクライナを訪れる人の数は世界で8番目に多い。毎年1,500万人以上の観光客がウクライナを訪れる。2006年の観光客の数は1,890万人で、そのほとんどはヨーロッパとアメリカ人であった。下記はウクライナのもっとも人気のある観光地だ。

 

  • ビルホロドドニストロフシキー(ドニエストル川と黒海の合流点の近くにある)
  • オデッサ(ウクライナのもっとも大きな港町で黒海の北西に位置する)
  • セバストポリ(天然港として歴史的に有名な観光地)
  • チェルノブイリ(ウクライナでもっとも訪問者数の多い観光地)
  • キエフ・ペチェールシク大修道院(900年間前に建立された修道院)
  •  アンドリイフスキー・ディセント(ウクライナのもっとも古い道。ここでは毎年マーケットやコンサートが行われる)
  • リヴィウ(1256年に建設され、貿易で発展した町。この町の最初の高校は1661年に作られた。現在、リヴィウには一つの国立大学もある)
  • ヤルタ(クリミア半島にある町。山に囲まれ、黒海の北岸にある)