ウクライナ
8月 5, 2019
about romania
ルーマニアについて
8月 11, 2019

古代のギリシャ人は黒海の沿岸に居住地を作った。その後、同じ場所にローマ帝国の民族とビザンツ帝国の民族が次々と移住した。スラブ系の人々は5世紀のころに中央アジアからウクライナに移住し、スラブ語という言葉をもってきた。

 

11世紀にルテニアという国が作られた。当時、この国はヨーロッパの最大の国であった。14世紀にはリトアニア人とポーランド人がルテニアの領地を分けた。そのため、ウクライナの文化的な都市であるリヴィウには現在でもポーランド人が暮らしている。

 

第一次世界大戦の前、ロシア、ポーランドとオーストリア・ハンガリー帝国は現在のウクライナを再び分けようとした。そのため、現在でも、その当時の生活が根付いている。例えば、ウクライナの南西部ではハンガリーの伝統的なスープであるグヤーシュが食べられている。また、キエフにはロシア的な建築物である黄金ドーム修道院がある。

 

第一次世界大戦ころウクライナの領地はポーランドとロシアに分かれていた。第二次世界大戦で、現在のウクライナはロシアに併合され、鉄道、豪華なリゾート、コルホーズが作られた。

 

ウクライナの魅力は?

 

ウクライナはまるで歴史の本のような国だ。それは多様性のある民族と文化のおかげだ。ウクライナ人以外、ユダヤ人やドイツ人、ポーランド人、ルーマニア人、ハンガリー人に影響された国だ。

 

ウクライナの四季の魅力は?

 

【春】ザカルパッチャとブコヴィナ地方の北の花は一番綺麗。
【夏】クリミアの海でリゾート気分を満喫。
【秋】オデッサとキエフ、リヴィウ観光がオススメ。
【冬】南部の小さな村で味わう伝統のクリスマスとお正月。

 

どうやってウクライナを観光すればいい?

 

ウクライナの南部までは、ルーマニアのシゲトゥ・マルマツィエイかサトゥ・マーレから行くと一番簡単だ。ドニエストル要塞とオデッサ、カームヤネツィ・ポジーリシクィイまでは、ルーマニアのスチェアバかヤシから行くのが一番簡単。電車の旅もオススメの体験だ。電車に乗ってウクライナを出発した後、モスコワ、クラクフまたはミンスクへと旅は続く。

 

どこに宿泊すればいい?

 

ウクライナの大きな都市には4つか5つ星ホテルは多い。小さな町にはブティックホテル、田舎ならゲストハウスがたくさんある。チャンスがあれば、ホームステイを経験しても楽しいだろう。自家製のサワースープはどこのレストランよりも印象に残るはずだ。

 

どこで食べればいい?

 

キエフとオデッサ、ヤルタにはお洒落なレストランが多い。田舎へ行くなら低価格なローカル食堂でいろいろな料理を食べたほうがより楽しい。スープ、漬物、チキン、ジャガイモ、ペストリーズは伝統的な料理だ。

 

ウクライナのオススメの見どころ:

 

  • 岩窟教会
  • 山頂にあるポーランドの天文台
  • モルダヴィアの要塞
  • 黒海にあるロシアのリゾート
  • タタールの村