ブラショフ
8月 11, 2019
biertan
ビエルタン
8月 11, 2019

チェルノフツィ

Chernivtsi Kobylanska Street

チェルノフツィはブコヴィナ地方の北に位置する古い町だ。現在、チェルノフツィが位置する場所の反対側には中世時代の頃、テティナという小さな町があった。この町はフン人によって破壊された。そのため、地元の人々はもっと守りやすい場所に町を作ろうと決めた。その後、建てられた町は、チェルノフツィという名を付けられた。この名前は1408年にモルダヴィアを統治していたアレクサンダー大公が書いた書類に初めて使われた。

 

1918年にオーストリア・ハンガリー帝国の解体後、チェルノフツィはルーマニアに併合された。1940年に赤軍に占領され、ブコヴィナ地方の北側とともにチェルノフツィはウクライナ・ソビエト社会主義共和国に併合された。ソビエト連邦の解体後は、ウクライナに併合された。

 

チェルノフツィは町の文化的な雰囲気から観光客によって「小ウィーン」と呼ばれている。現在でも当時の歴史的な記念碑などが残っている。建築物の主な様式はネオクラシシズムやバロック、ゴシック様式などだ。断片的にモルドバやハンガリーの建築様式、またはビザンチンとキュービズムの特徴を見つけられる。銅像や緑豊かな公園、市場、町を通る美しいプルト川などを見学できる。

 

チェルノフツィの見どころ

 

  • 中央広場とシアターの広場(お洒落なレストランと景色を楽しめる)
  • チェルノフツィ大学(1875年に建設され、ユネスコ世界遺産に登録されている)
  • アルメニア教会(歴史に興味がある方にオススメ)
  • チェルノフツィシナゴーグ(チェルノフツィには第二次世界大戦前に5万人のユダヤ人が住んでいた)
  • 国立博物館
  • チェルノフツィ文化宮殿